HOME>アーカイブ>ホスピタリティー精神とボランタリー精神が同時に満たされるライフワークを実践してみませんか

明日の医療に役立てるために

治験

医療の現場は日進月歩です。日々、膨大なデータが蓄積され更新されて、今日の現場でよりよい治療が行われているのです。そのデータの源こそ、治験によって支えられていると言っても、決して過言ではありません。治験とは読んで字の如く、治療の為の実験です。その実験に自分の身体を提供する医療現場の強力なサポーターを実践する、一般の方の事を総称して、治験と読んで居ます。実験と聴いて、自分をラットやモルモットの様に実験台にされる。みたいな、ネガティブなイメージではなく、あくまでも協力者の健康に配慮して、無理のない範囲で安全に実験は行われます。日帰りで済む実験もあれば、ある程度の期間、病院に入院して経過を観察するなどの実験もあります。なので、協力者の様々なリスクも考慮されて、充分な報酬も付与されると云う事で、特にもともとボランタリー精神の高い方などの副業としても、注目を集めている様です。

充分な報酬と社会貢献

治験

治験で得られたデータは、直ぐに医療現場へ還元されます。協力者にとっては、自分自身が社会の為に役立つ事ができた。とか、患者さんが一日でも早く社会復帰ができる様になる。と、云う自己肯定感に満たされる事こそが遣り甲斐に繋がるでしょうし、何よりそれが充分な金銭的な報酬として成果と云う目に見える形で手元に残ると云うメリットがあるでしょう。同時に、治験の際には、必ずメディカルチェックが必須となるため、自身の健康状態を確認できると云うのもメリットでしょう。そしてまた、新たな治験に協力すると云うライフワークが、日本に定着する様になるといいですね。リスクがゼロと云う訳ではないですが、それ以上に人の喜びが自分の喜びに変わるのは素晴らしい事ではないでしょうか。

広告募集中