腕を研いたりふるうことができる

レストラン店員

例えば、ホテルの厨房の求人情報があったとして、調理師免許を取得していれば、ホテルのシェフとして腕をふるうことができます。また、優遇措置として海外研修まであるホテルなら、飲食業界での箔がつくでしょう。免許を持っていない場合でも、調理補佐(補助)あるいは雑用係からスタートすることも可能です。この場合、腕をふるうより、腕を研くという仕事内容になります。スペシャリストから直々に教わることもでき、いい意味で技術を盗むことができ、飛躍が期待できます。中には、パティシエ、ソムリエ、マエストロの称号も持つスペシャリストの技術を目や舌などで盗む者さえいます。就業前や後に自主トレにて腕を研くには、お店の食材や食品などを取り扱っても問題ないのか、こうした点も事前に確認しておきましょう。

直々に門をたたく

店員

飲食の求人情報にも、非公開情報があります。ですから、直接お店の門をたたく(弟子入り)することで仕事をもらうこともできます。古風な就活方法ですが、老舗割烹や高級料亭などでは採用率も高いようです。もちろん、雑用係からのスタートではありますが、この方法は働きながら資格を取得したり、もてなしを学んだりすることに期待ができます。今や、和食文化はグローバル化しており、飲食業界で働く方には「取って損なし」のスキルです。給与は見習い中は少ないものの、寮、まかない付きなどもあり、生活の補填は十分です。

経営まで学べること

カフェ店員

飲食の仕事に就きたいのなら、「食」に関わる全ての場所が活躍の場になります。選ぶ基準は、第一に働く目的です。多種多様な関わりを持ちたいのなら、接客業であるウエイターなどを求めるレストランや喫茶店でしょう。いつかは自分の店を構えたいのならば、経営が学べることはポイントで、調理師(食品衛生責任者)などの免許を保有する者を条件とする求人内容に目をつけましょう。免許がなくとも飲食業界では仕事は可能ですが、免許があれば「独立する」、そうした夢へと大きく可能性が広がります。基準としては、経営をじっくり学ぶのであれば、チェーン店でなく個人の経営店です。

資格が取れるか否か

カフェ店員

「飲食」がテーマの仕事にも幅があり、求人情報量も豊富で、求職者にとって迷いも生じるほどです。例えば、レストランという飲食店だけに着目しても、求人案内にはウエイトレス(ウエイター)などの配膳・接客係、シェフなどの調理師、ソムリエ、レジ係や雑用係までがあります。選び方としては、飲食の多様化が進んでいるので、免許(スキル・資格)の有無です。また基準は、初めての飲食での仕事に就きたいのなら、未経験者を歓迎しているところです。そこで下積みをし、食・栄養・料理に通ずる免許(スキル・資格)を取得できる、あるいはさせてくれる待遇であれば、なお良いでしょう。免許などが決め手になり、すぐに就職・転職もできるはずです。

広告募集中